IoTのリーディングカンパニー

Loading... 0%
ホーム > 展示会出展情報一覧 > CEATEC JAPAN 2014

CEATEC JAPAN 2014

CEATEC2014

O2Oや位置情報などの幅広いサービスの新しいソリューションとして注目されるアプリックスのBeacon。あらゆる環境や用途に応じた豊富なラインナップを展示しその活用事例や動体デモも披露いたしました。

展示会概要

展示会名 CEATEC JAPAN 2014
会期 2015年10月7日(火)~11日(土)10:00~17:00
会場 幕張メッセ NEXTイノベーションプラザ
公式サイト http://www.ceatec.com/ja/

当日の様子

アプリックスはBluetooth SIGパビリオン内でブースを出展いたしました。会期中多くのお客様にお越しいただき、実際にBeaconを手に取っていただいたり、動体デモをご覧いただきました。

展示内容

Beaconで製品ガイド

汎用型をはじめ、電波受信範囲を抑えた近接域特化型、屋外設置に最適なIP65規格に適合した防水防塵型(難燃性UL94規格にも適合)、携帯に便利なポータブル型など、豊富なラインナップを紹介しました。Beaconからの電波を受信して、手元のスマホに、製品の公式サイトや特設ページ、キャンペーンページなどを表示することで製品ガイドとして活用しました。

デジタルサイネージBeacon

デジタルサイネージの表示内容と連動した情報をスマホやタブレットに表示。サイネージの表示が変わるタイミングで手元の画面も切り替わります。訪日外国人対応ビーコンアプリ「hubea」の翻訳機能を用いることで、サイネージと連動した情報を、手元の端末で多言語対応できます。

Beaconでインバウンド対応

アプリックスのBeaconと訪日外国人対応ビーコンアプリ「hubea」を活用すれば、自身のスマホに設定した言語で情報を表示することができます。街の和食屋やラーメン屋の日本語メニューも、アプリックスの技術を活用すれば、多言語対応ができるようになるだけでなく、オーダーしたい食べ物の写真やアレルギー情報なども追加して表示することも可能です。

Beaconの電波制御

店舗の商品棚や美術館・博物館・展示会など隣接した環境に、ビーコンを複数設置した場合でも、近い場所の情報だけを受け取ることができます。電波受信範囲を最小で約15cm以内に制御することができるので、決済サービスにも適しています。

Beaconでスタンプラリー(なりすまし防止)

Beaconを活用すれば、イベントなどでのスタンプラリーも簡単に実現することができます。アプリックスのBeaconは「なりすまし防止」「不正アクセス防止」などのハイセキュアな電子認証にも対応しているので、スタンプラリーの現場に行かなくても、スタンプがコンプリートするなどの不正を防ぐことができます。

Beaconでオムニチャネル

洋服などの商品に取り付けたビーコンの電波を受けて、手元のスマホで、商品情報(サイズ違い、色違い、在庫状況など)を表示することができます。店舗で在庫がなかった商品をその場でスマホにお気に入り登録してネット通販で購入することも可能となり、販売チャネルを拡大することができます。

講演概要

講演名

「Beaconを使った来日観光客向け社会インフラ」

日程/講演番号 10月8日(水) 14:00~15:00/ NW-07
会場 幕張メッセ 展示ホールセミナー会場6

アプリックスセミナーは早々に満席となり、立ち見を含め多くの方々に聴講いただきました。Beaconに対する注目度の高さがうかがえました。

会場アクセス

アプリックスブース: 幕張メッセ/ホール3(Bluetooth SIG内)/ブースNo. 3N06

お問い合わせ先

製品に関するお問い合わせ

株式会社アプリックス M2M製品グループ
E-mail:m2m-group@aplix.co.jp

取材・広報に関するお問い合わせ

アプリックスIPホールディングス株式会社 IR・PR
E-mail:aplixgroup-pr@aplix-ip.com

※アプリックスブース、および講演にご来場いただき、誠にありがとうございました。

コーポレートサイトへ
topへ戻る