IoTのリーディングカンパニー

Loading... 0%
ホーム > 展示会出展情報一覧 > CEATEC JAPAN 2015

CEATEC JAPAN 2015

CEATEC2015

アプリックスは、「CEATEC JAPAN 2015」にて、Bluetooth SIG パビリオン内にて出展し、主力事業であるIoTソリューションの最新の採用事例をはじめ、発表以来、お問い合わせを多数いただいている「お届けビーコン」や「おもてなしBeacon」を展示いたしました。また、当社CTOの石黒邦宏が「IoTの採用事例—浄水器・アロマ・ペット用品— お客様の”欲しい!”の瞬間に売る」と題して講演を行いました。

展示会概要

展示会名 CEATEC JAPAN 2015
会期 2015年10月7日(水)~10日(土)10:00~17:00
会場 幕張メッセ
公式サイト http://www.ceatec.com/ja/

当日の様子

Bluetooth SIG パビリオン内にて出展しました。会期中、動体デモを披露し、多くのお客様に体感いただきました。

出展概要

展示テーマ すべてのモノをビッグデータにつなげる「AplixのIoTソリューション」で、人々の生活をより便利に、豊かに、快適にする。
展示内容 「通信モジュール」から「アプリケーション」「クラウド」まで、IoTに必要なすべてのものを提供し、簡単に家電をIoT製品に進化させる「AplixのIoTソリューション」の採用事例を初披露いたしました。
さらに、欲しいと思った時にボタンを押すだけで日用品や消耗品などの商品を注文できる画期的なリアルタイムEコマースを実現する「お届けビーコン」、集客向上やインバウンド向け多言語対応を実現する「おもてなしBeacon」などの新技術や新製品を展示いたしました。
展示エリア ホール3 NEXTイノベーションエリア/小間番号:3N22(Bluetooth SIG パビリオン内)

展示内容

AplixのIoTソリューション—採用事例

IoT製品は、インターネットに繋げるだけでは使えません。利用者が、いつまでも使い続けたくなるサービスを提供することが必要です。アプリックスのIoTソリューションなら、通信モジュールだけでなく、アプリやクラウドも提供。利用者にとって価値のあるIoT製品を開発、販売できます。
その採用事例として、本展示会では、リクルート社とタッグを組んだ、コーヒーメーカーの動体デモを披露しました。コーヒーが入ったことをスマートフォンにお知らせ。さらには天気や交通情報、利用者の年齢や好みに合わせた最新の情報コンテンツを提供し、コーヒーメーカーを起点とした新たなコミュニケーションの形を提案します。

お届けビーコン—リアルタイムECを実現

ワンプッシュで商品の購入ができる「お届けビーコン」なら、定期的に購入する日用品や消耗品などを手軽に購入することが可能になります。ネットスーパーと連携してEコマースの活用を促進したり、ハウスクリーニングや水回りのメンテナンスなどのサービスに利用することもできます。お客様が”欲しい”と思ったその瞬間に、商品の実際の販売までつなげる「リアルタイムEC」を実現するソリューションです。

おもてなしBeacon—手軽にインバウンド対策

観光地や商店街、イベントで数多く採用されている「おもてなしBeacon」。無料の専用アプリ「hubea」が用意されているため、誰でも手軽にビーコンサービスを開始できます。スマートフォンの言語設定に従って店舗のサイトやメニューを表示。40カ国語に対応しているため、2020年に向けたインバウンド対策にも最適です。

講演の模様

当社CTO石黒邦宏が登壇し、「IoTの採用事例—浄水器・アロマ・ペット用品— お客様の”欲しい!”の瞬間に売る」と題し、最新のIoTソリューションの採用事例と今後の展開に関して講演しました。

講演概要

講演名

「IoTの採用事例—浄水器・アロマ・ペット用品— お客様の”欲しい!”の瞬間に売る」

講演者

アプリックスCTO 石黒邦宏

石黒邦宏は、北海道大学農学部を卒業後、株式会社SRA、ネットワーク情報サービス株式会社を経て、株式会社デジタル・マジック・ラボでUNIXソフトウェアの開発、インターネット経路制御の運用に関わり、オープンソースウェアで経路制御を実現するGNU「Zebra」を開発。そして、「Zebra」をベースにした商用ソフトウェアである「ZebOS」を開発・販売するために、1999年10月、米国にてIP Infusionを創業。「ZebOS」は、世界中のルーターやスイッチメーカーに採用されております。2009年2月に株式会社ACCESSのCTOに就任。2015年4月に当社CTOに就任し、現在はアプリックスが提供するBeaconの世界展開に向けた技術開発ならびにサービス開発を統括しています。

日程 2015年10月8日(木)14:00~15:00

会場アクセス

アプリックスブース: ホール3 NEXTイノベーションエリア/小間番号:3N22(Bluetooth SIG パビリオン内)

お問い合わせ先

製品に関するお問い合わせ

株式会社アプリックス M2M製品グループ
E-mail:m2m-group@aplix.co.jp

取材・広報に関するお問い合わせ

アプリックスIPホールディングス株式会社 IR・PR
E-mail:aplixgroup-pr@aplix-ip.com

※アプリックスブース、および講演にご来場いただき、誠にありがとうございました。

topへ戻る