IoTのリーディングカンパニー

Loading... 0%
ホーム > 展示会出展情報一覧 > Digital Marketing Week 2015

Digital Marketing Week 2015

DigitalMarketingWeek2015

2015年7月21日(火)~23日(木)にわたり六本木アカデミーヒルズにて開催された「Digital Marketing Week 2105」に出展いたしました。
展示コーナーでは、6月に発表し、ご好評頂いている「お届けビーコン」をはじめ、家電製品などの機器に組込むことで補充発注やログデータを収集できるソリューション「お知らせビーコン」、全国各地の飲食店や観光地、商店街で実用化されている「おもてなしBeacon」を活用した動線分析やヒートマップなどのマーケティングツールを展示いたしました。 また、当社取締役チーフエコノミスト 長橋賢吾が「ビーコンを活用したIoT時代におけるデジタルマーケティングとは」と題し、講演を行いました。

展示会概要

展示会名 Digital Marketing Week 2015 ~データを核にマーケティングのすべてを変革する
会期 2015年7月21日(火)~7月23日(木)10:00~17:30
会場 六本木アカデミーヒルズ(六本木ヒルズ49階)
公式サイト http://expo.nikkeibp.co.jp/dmc/201507/

展示概要

Digital marketing Week 2015のアプリックス展示ブースでは、ワンプッシュでの補充発注を可能にする「お届けビーコン」や、ポスターやpopなどの販促物に取付けたボタンを押すだけで、気になる商品のツイートができる「リアルTwitterボタン」、機器組込み型のIoTソリューション「お知らせビーコン」の動体デモを実施し、ビーコンを利用した新しいマーケティングソリューションを来場者に体感していただきました。

ワンプッシュで日用品やサービスの注文ができる「お届けビーコン」

水、ビール、米、卵などの食品・飲料水や、石鹸、シャンプーなどの日用品・消耗品を、ボタンを押すだけで簡単に注文できます。また、ワンプッシュで簡単にロードサービスや宅配クリーニングサービスなどを呼ぶことも可能になります。ソーシャルゲームと連動させたり、商品の特典として活用すれば、限定アイテムやデジタルコンテンツの獲得がボタンひとつでできるようになります。よりスピーディーで手軽な補充発注やサービス提供を可能にする「お届けビーコン」は、カスタマーリテンションをサポートする、これまでにない新たなマーケティングツールして活用できます。

「お届けビーコン」紹介ページ

機器に組込むことで補充発注やログデータ収集につなげるソリューション「お知らせビーコン」

コーヒーメーカーに組み込んで、コーヒーが入ったことをスマホに通知するタイミングで、コーヒー豆を購入できるECサイトを表示することで販売を促進したり、コーヒータイムに楽しめる、ミニゲームや豆知識などのさまざまなコンテンツを表示することで、関連商品の購入に繋げるなど、これまでにないIoTを用いたマーケティング展開が可能となるだけでなく、機器を通じて利用者の使用履歴やライフスタイルの把握といったデータ収集などにつなげることもできます。

「お知らせビーコン」紹介ページ

ポスターやPOPに貼って押すだけでツイートできるマーケティングツール「リアルTwitterボタン」

街中のポスターや、スーパー・コンビニなどのポップなどに貼り付けた「リアルTwitterボタン」を押すだけで、気になったその時に、ツイートができます。ハッシュタグをつければ、同じイベントの参加者や、同じ興味を持つ人同士で情報を共有・拡散することができます。

「リアル Twitter ボタン」に関するリリース

地域活性化やインバウンド対策の支援する「おもてなしビーコン」

商店街や飲食店、観光地に置くだけで、観光客や生活者が歩いているまさにその時に、観光情報や店舗情報をリアルタイムに通知できます。Beacon専用アプリ「hubea」により、40ヵ国語以上の自動翻訳を実現し、2020年の東京オリンピック開催に向けて増え続けている訪日外国人観光客へのインバウンド対策として活用できます。また、街中やショッピングモールのような複合施設などに設置された「おもてなしBeacon」を活用することで、動線分析やヒートマップといった、生活者の動きの可視化が可能となります。

「おもてなしビーコン」紹介ページ

講演の様子

当社取締役チーフエコノミストである長橋賢吾が、「ビーコンを活用したIoT時代におけるデジタルマーケティングとは」と題して講演を行い、たくさんの方にご参加いただきました。

講演名

ビーコンを活用したIoT時代におけるデジタルマーケティングとは

講演者

アプリックス取締役チーフエコノミスト 長橋賢吾

慶應義塾大学環境情報学部卒業。同大学院政策・メディア研究科修了、2005年東京大学大学院情報理工学研究科修了。博士(情報理工学)。英国ケンブリッジ大学コンピュータ研究所訪問研究員を経て、2006年日興シティグループ証券(現、シティグループ証券)にてITサービス・ソフトウェア担当の証券アナリストとして従事後、2009年3月フューチャーブリッジパートナーズ株式会社設立。2015年3月アプリックスIPホールディングス(株)取締役・チーフエコノミストに就任。

日程/講演番号 2015年7月21日 (火) 13:40~14:20 セッションNo.C11

会場アクセス

アプリックスブース: ホール3/小間番号:14-34

お問い合わせ先

製品に関するお問い合わせ

株式会社アプリックス M2M製品グループ
E-mail:m2m-group@aplix.co.jp

取材・広報に関するお問い合わせ

アプリックスIPホールディングス株式会社 IR・PR
E-mail:aplixgroup-pr@aplix-ip.com

※アプリックスブース、および講演にご来場いただき、誠にありがとうございました。

コーポレートサイトへ
topへ戻る